お茶のことお茶のこと

ハーブとは、食用や薬用に使われる植物の総称で、葉、茎、花、種子、木の皮などが、含まれます。ハーブというとヨーロッパのイメージがありますが、例えば日本では"山椒の実""みょうが""わさび"などのハーブを薬味にするように、世界中で親しまれているのです。また、食用だけでなく、その殺菌効果で植物の保存に使われたり、傷を癒すために役立てられたりしてきました。ヨーロッパでは植物の治癒力を使い、体調、皮膚の症状、病気の予防などに活用していく"フィトテラピー"という伝統医学があります。「ハーブティー」「アロマテラピー」もフィトテラピーの1つです。また、アジアでは中国の漢方やインドのアーユルヴェーダなど、世界中でも同じようにハーブが利用されています。
まさに、人の暮らしに寄り添い、役立つ自然の恵みといえますね。

私たちは、そんな自然の恵みを、なるべく本来の姿のままでお客様へお届けしたいと考えています。だから、余分な香料や保存料は使用しません。でもハーブは、光、酸素に弱く、とてもデリケート。だから、なるべく光と酸素に触れずに、お客様にお届け出来るように、保管からパッケージにいたるまで、細心の注意で取り扱います。私たちは、ひとりでも多くの方に、質の高いハーブティーで質の高い暮らしにシフトしていただけるために努力します。

植物が本来持っていて身体に与える機能を、古い文献を紐解き、専門機関、大学教授、薬剤師の先生に協力を得ながら研究し、データとして蓄積しながらも、あくまで嗜好品としてのお茶の効用にこだわり、ひとりひとりの嗜好に合わせたお茶が作れないかと考えた結果、「ブレンドして自分だけのお茶」を作ることに行きつき、そんな思いをスローガン「Power of the blend.」(ブレンドの力)に表しました。古くから伝わる自然の恵みを、余すことなく伝えるために、プロのブレンダーの証、認定ブレンドマイスターにより、毎日のように作られる新しいブレンドによって実現します。 「いまだ出会いのない 自分だけのお茶を見つける」
自分だけのお茶との出会い…こんな素敵な出会いが今も起こっています。